ペニス 手術

ペニスを手術して仮性包茎を治す方法※早く治したい

ペニスを手術して仮性包茎を治す

手術で治す
仮性包茎を治したいのであれば、治療方法はいくつかあります。
一番効果の早い方法がペニスの手術を行うことです。

 

主に男性専門のペニスについての問題を取り扱っている形成外科や泌尿器科などで仮性包茎手術を行ってもらう
ことができます。

 

ペニスの手術の種類

 

仮性包茎の手術の種類はいくつか方法があります。
被っているペニスの皮の長さによって、どんな方法を行うかは異なってきます。

 

1、糸で留める
2、カリを大きくする
3、包皮の切除

 

他にも方法はあるのですが、主に行われるのが上記の3つです。
一つ一つ解説していきます。

 

被っている部分の皮がすくないのであれば、包皮を切除する必要はありません、
根元の部分に皮を一部寄せて、糸で縫ってしまい抑える方法。

 

カリの高さを大きくすることによって、皮が引っ掛けるようにして、被らないようにする手術方法。

 

被っている包皮が多いのであれば、切断して切ってしまう方法。

 

 

あなたのペニスに包皮が被っている長さなどによって手術方法も異なってきます。

 

 

手術跡は残る?

 

仮性包茎の手術を行った際に手術跡が残る方法が多いです。

 

糸で留める方法であれば、当然、糸が見えている状態となります、。
包皮を切除するのであれば、切除した部分の皮に跡が残ってしまいます。

 

しかし、カリの高さを大きくする方法であれば、手術跡はほとんど残らずに行うことができます。
小さい点ができる程度なので見た目では仮性包茎の手術を行ったかは分らないです。

 

仮性包茎の手術を行うと女性と性行為をした際に、ばれてしまう可能性はあります。
ばれたくないのであればカリの高さを大きくする方法がおすすめです。

 

手術の方法と注意点など

 

カリの高さを大きくして仮性包茎を治す

 

カリの高さを大きくする手術の方法は注射になります。
ペニスのカリに注射で特殊な成分を注入することにより、カリの大きさがアップします。

 

手術といっても簡単な方法なのですね。

 

カリの高さが大きくなったら、被っている皮をめくればカリに引っかかれば仮性包茎手術の完了です。
一度注射したにも関わらずまだ、上手く引っかからないようであれば、また再度注射となります。

 

注射する成分の量は最初に選択することができるのですが、希望通りのサイズになるまで注射を行う必要があるのですね。

 

何度も注射をしたくないのであれば、一度に注射で注入する成分の量を増やすことは可能です。
但し、注射の量を増やした場合は金額は高くなります。

 

注射の費用は成分単位で値段が異なるので、2倍の量を注入するのであれば、金額も2倍となります。

 

人によって被っている皮の量とカリの大きさが異なってくるので、一概に何cc注入すれば良いかの明確な基準はありません。

 

医師と相談しながらどれぐらいの量を注入するかは決めた方が良いです。

 

 

カリの注射手術に関して

 

施術の時間に関してはそんなにかかりません。
注射をするだけになるので10分ほどで終ることもあります。

 

注射手術後に仕事に行くこともできるので、仕事の合間のちょっとした時間を利用すれば問題ないです。
ただ、いきなり病院へいって手術をすぐ行ってもらえるわけではないので、一度手術をする前にクリニックにおとづれる必要があります。

 

医師に話をして、どういう成分を注入するのか?何日に手術を行うのか?などの打ち合わせをした上での手術となります。

 

何度も通う必要はないので、基本的にはクリニックへは打ち合わせと手術の合計2回訪問するだけで大丈夫です。

 

はじめての訪問の打ち合わせの際は会話の内容次第で時間がどれぐらいかかるか分らないので、休みの日などを利用しするようにしましょう。

 

 

 

仮性包茎を治すなら

 

 

仮性包茎を治す方法はクリニックでの手術かペニスを大きくするかのどちらかしかありません。
手術以外の方法で大きくするには時間がかかるので、何ヶ月も我慢をしなければならないです。

 

早く仮性包茎を治したいのであれば、ペニスの手術を行うのがおすすめです。
切除するにしろ、糸で留めるにしろ、カリを大きくして引っ掛けるようにするにしろ、手術を行って直ぐに仮性包茎が治すことができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ